過払い金返還請求の確率を徹底調査

HOME >>  過払い金関連 > 過払い金の請求による信用情報への影響

過払い金の請求による信用情報への影響

過払い金とは払い過ぎていた金額という意味であり、出資法の上限金利で融資を受けていた人に発生しています。利息制限法の上限よりも超えた金利での貸し付けを行う事に対して、明確な罰則規定がされていなかったことによって起きている問題です。

 

過払い金は、融資を受けていた業者から返してもらう事が可能となっています。業者に対して過払い金を返してもらう手続きを行う事を過払い請求と呼んでいます。過払い請求を行った場合に、貸金業者などが加盟している信用情報機関に事故情報として記録されてしまい、任意整理などを行った場合と同様のデメリットが発生していました。

 

しかし過払い請求と任意整理とは明確に異なった行為であるという事が認められた為に、現在では過払い請求を行った事は、信用情報機関に記録される事はなくなっています。過去に過払い請求を行ったことによって記録されてしまった情報もすでに廃棄されています。

 

過払い請求を行ったことによって、信用情報に悪い影響を及ぼす事はなくなっています。