過払い金返還請求の確率を徹底調査

HOME >>  任意売却関連 > 債務者にとって任意売却は競売よりもメリットあり

債務者にとって任意売却は競売よりもメリットあり

債務者にとって、任意売却というのは競売よりもメリットがあると言われています。

 

どのようなことがメリットかというと、任意売却の場合には一般の市場で売却することになるため、競売の場合よりも価格が高く売却できることが多いのです。競売の場合には、債務者の住宅ローンの返済ができない負債を回収する目的で、債権者が裁判所に対して債務者が持っている不動産、あるいは担保にしている物件を売ることを申し立て、裁判所の管理下で強制的に売却が行われます。

 

その不動産を売却した代金は、基本的には債権者に債務者が払うべきローンの残高分として、債権者が受け取ります。競売というのは、裁判所が仲介する取引であり、裁判所が不動産の売主になっているので、取引は相当信用できるし、当然のことですが、公正に取引は行われています。

 

もちろん、売却は利益を得るためのものではありませんから、不動産を買いたい人にとっては、この競売は普通よりも安く買える機会でもあります。