過払い金返還請求の確率を徹底調査

HOME >>  任意売却関連 > 任意売却を行う場合は不動産会社に依頼

任意売却を行う場合は不動産会社に依頼

任意売却を行う場合には、不動産会社に依頼する必要があります。

 

この場合に、不動産会社を債権者から斡旋される場合と、自分で不動産会社に依頼する場合があると思います。この2つの場合について、不動産会社はどのように違うのでしょうか?一番大きな違いは、依頼者が違うということです。

 

債権者から斡旋された場合の依頼者は債権者になりますが、自分で依頼した場合の依頼者は自分になります。当然ですが、依頼をした人のために不動産会社は仕事をするので、交渉を依頼した人が有利になるように行います。

 

例えば、引越し代の請求交渉、残債務についての返済方法の交渉、引越しの交渉、などがあります。また、債権者より不動産会社を斡旋された場合には、任意売却に関してのプロでないような不動産会社が請け負う場合もあります。

 

そのような不動産会社の場合には、専門のノウハウ・知識を持っていないこともあって、債権者に対する交渉が進まなくて、任意売却を行うことができないこともあります。