過払い金返還請求の確率を徹底調査

HOME >>  任意売却関連 > 任意売却をすることが出来ないケース

任意売却をすることが出来ないケース

住宅ローンが払えなくなってしまった。そんな状況になってしまった時に、任意売却という措置がとられることになり、さらにその措置もとられなければ競売という形で物件は処分されてしまいます。

 

通常であれば問題無く任意売却が行えるのですが、それが出来ないということもあります。それは一体どんな時なのでしょうか。まず考えられるのは、保証人などが捉まらない、売却の承諾が得られない場合や本人もしくは保証人の本人確認ができないといった、保証人関連です。

 

保証人というのは連帯責任みたいなものですから、こういった立場の方にも同意が取れなければ措置をとることが出来ません。また、任売で販売をしていて、内覧・内見希望者が出ても、お部屋の中を見ててもらうことが出来ない場合というのも、アウトになります。

 

いわゆる売却に関して協力的で無いという場合も競売にかけられてしまいます。他にも幾つか任意売却が不可となるケースがありますが、大きく問題となるのが保証人や本人の態度によるものでしょう。こういった事態を防ぐためにも、保証人の方とは定期的に連絡を取り、関係を持ち続けるということが大事なのです。