過払い金返還請求の確率を徹底調査

HOME >>  任意売却関連 > 任意売却の流れ

任意売却の流れ

任意売却をするときには、任意売却を扱っている業者に依頼します。

 
 

任意売却の実績

中には任意売却を専門に行っている不動産業者も存在します。その業者と今の債務の状態などを確認したうえで、債権者である金融機関との間に任意売却の契約を取り交わします。この金融機関への連絡や交渉は任意売却業者が行ってくれるため、依頼者は自分でする事はあまりありません。
 
a0002_011388_m
 

この時、引っ越し費用や、今後のローンについて、仲介費用などのその他の必要なことについての話し合いも行われます。金融機関との交渉が終わると、実際の土地の売却に入ります。その後、購入者が見つかれば、売買契約を交わし、任意売却の完了となります。

 

任意売却をするための条件は特になく、ローンの返済が厳しいと思えば、いつでも可能となっています。また、競売の通知が来てもすぐに競売にかけられることはありません。この時に業者に任意売却をしたいとの話をして、金融機関との合意に至れば任意売却の手続きに入ることもできます。