過払い金返還請求の確率を徹底調査

HOME >>  任意売却関連 > 任意売却の注意点

任意売却の注意点

任意売却とは、住宅ローンの返済ができなくなってしまった時に不動産物件を売却してローンの残高の返済に充てる仕組みのことです。裁判所を通じて競売にかけるよりも高額で不動産を売却できるので、成功すれば債権者・債務者の両方にメリットがある仕組みですが、成功させるためには様々な手続きと努力が必要になります。

 

今回は、任意売却を実行する際の注意点について解説します。住宅ローンの返済に問題が生じた場合、すみやかにローンを組んでいる金融機関に連絡してください。ローンの督促状や金融機関からの連絡を無視し続けていると、悪質な債務者と判断されてしまい任意売却を考えても合意を形成することが難しくなってしまいます。

 

合意形成が必要なのはすべての債権者と保証人です。一人でも合意が得られなければ、任意売却を実行に移すことはできなくなってしまいます。借入先が複数ある場合は、それだけ合意形成のための交渉に手間と時間がかかることになります。