過払い金返還請求の確率を徹底調査

HOME >>  任意売却関連 > 任意売却の場合は周りの人に借金を知られない

任意売却の場合は周りの人に借金を知られない

任意売却の場合であれば、周りの人に借金を知られないで済みます。
 
f98a64f1b68b8ce5bd290bd9b0feb516_s
 

住宅ローンの返済を滞納して競売になってくると、そのような情報は新聞、業界紙、裁判所のホームページやインターネットなどで一般に公開されてしまって、広く知れ渡るようになります。
 

信用できる専門家に相談

 

また、不動産鑑定士の方や裁判所の執行官が自宅を訪問して、不動産の調査・現況の調査が行われます。拒否することもできず、もし居留守を使ったとしても強制的に鍵穴を解錠するため全く無駄なことです。

 

さらに競売に興味がある不動産業者が、近隣に物件の情報を収集するために聞き込み等を行うこともあります。一方、任意売却の場合であれば、任意売却の専門の業者の協力を得て、内密のネットワークを使って購入したい人を募って、債権者の了解のもとで売却を行うことが可能という仕組みになっています。

 

そのため、任意売却の事情を親戚や近所の人に知られる恐れはありません。すべてが終わってから話をするということもできます。