過払い金返還請求の確率を徹底調査

HOME >>  任意売却関連 > 任意売却のメリットやデメリット

任意売却のメリットやデメリット

実勢価格に近い値段で売却できるので、残務の軽減に有利になる場合が多かったり、競売よりも早く処分できることが可能だったりと、また周囲に債務整理と知られずに不動産を処分できるなど、色々とメリットの多い任意売却ですが、幾つか注意しなければならない点もあります。

 

まず、任意売却には債権者全員の同意が必要で、また売却が相場に近いモノになる可能性が高いと言っても買い手が現れなければ、売却は成立しません。どうしても不確実な要素を含んでいる面があるという点は注意しておいた方が良いでしょう。

 

また当然、任意売却は競売と違い、通常の不動産取引と同じように買取希望者との面談や各種の手続きなどの手間が必要となってきます。また内覧などにも対応しなくてはなりません。通常は、普通の人がこれらの対応を全て行う事は大変ですので、専門の不動産業者などに任せて調整をしてもらうのが一般的です。

 

こういった気を付けるべき様々な点もあるのですけれども、それらを含めても、任意売却は競売に比べて有利である場合が一般的です。